全部気のせい

本、映画、音楽の鑑賞雑記ブログ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:-- | スポンサー広告 | Trackback(-) | Comment(-)
明日を落としても

Free Throw【reissue】Free Throw【reissue】
(2010/10/27)
syrup16g

商品詳細を見る
初期音源収録

delayedeaddelayedead
(2004/09/22)
Syrup 16g

商品詳細を見る
収録

明日を落としても









10年近く前に出会ったこの曲が未だ自分の中で最も好きな曲。

アルバム「delayedead」で初めて聴いた(初期音源は「Free Throw」に所収)そのときの衝撃は言い表し難い。
何だこれは?
自分の思っていることを見透かされて歌われているようだ。
怖いような恥ずかしいような。
まさに“共感されている”。
今まで“共感できる”曲はいくつか出会ったことはあったけれど“共感されている”曲は初めてだった。
LowのときもHighのときもどんな精神状態のときでも聴ける。
癒しの、至上の曲だ。

好きな曲の順番をつける習慣もつもりもないけれどどうしてもこの曲だけ別格になってしまうのはそんな理由で。

今後その地位が揺らぐかどうかは分からないけれど死ぬまで特別であるなら葬式のときの曲はこれでお願いしたい。


スポンサーサイト
Comment
≪この記事へのコメント≫
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 
Trackback
この記事のトラックバックURL
≪この記事へのトラックバック≫
Designed by aykm.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。